こんにちは:虫歯撲滅に尽力、磯崎篤則教授 /岐阜

     −私も個人的に親しくしていただいている磯崎教授の新聞記事です。−

◇「フッ化物洗口」広める
 うつむきながら約1分間口をゆすぐ。たったこれだけで、虫歯にならない強い歯を作ることができる。口に含むのは水ではく、フッ化物水溶液。「フッ化物洗口(せんこう)」を広めようと全国各地を飛び回る。
 幼少期から虫歯が多く、痛みに悩まされてきた。高校生の時、虫歯をきれいに治療してくれた歯科医にあこがれ、歯学の道を志した。昔は「歯磨きすれば虫歯にならない」と信じられてきたが、歯と歯のすき間や溝などブラシが届かない箇所から菌が繁殖することが知られてきた。「歯自体を強くするという視点が大切」。大学では「予防」の観点から研究に取り組んだ。フッ素と出会ったのはそのころだ。
 フッ素には「歯の表面のエナメル質と結合し、より強いエナメル質を作る」「歯から溶け出したカルシウムなどを再び固める『再石灰化』を促進する」−−などの作用がある。「液体なら小さいすき間にも入り込め、研磨剤などが入った歯磨き粉に混ぜるよりもピュアで予防効果が高い」。「フッ化物洗口」の魅力にとりつかれた。
 「家庭で個別に実施してもさぼってしまう。学校などの施設で一斉にできないか」。75年、地元の穂積小(瑞穂市)の協力を得た。すぐに同市内のほかの小学校でも実施。75年に小学1年生だった児童が成人する89年から、成人式で無料の歯科検診を始めた。結果に驚かされる。約20年間まとめた統計データによると、瑞穂市の成人の1人当たりの虫歯は平均5、6本(治療済みの歯を含む)。全国平均9、10本の約半分だった。
 県内では山県市や美濃加茂市、大垣市などの幼稚園や小学校もフッ化物洗口を続々と導入。実施人数は10年3月時点で、10年前の10倍近い約2万8000人まで拡大した。
 ただ、三重県や千葉県などほとんど実施していない自治体も多い。「飲料水1リットル中フッ素が5ミリグラム以上含まれると、歯や骨に害を与える」などのフッ素自体の危険性から導入に慎重な姿勢を崩さないためだ。学校での集団実施に反対する団体もいる。「正しい方法で口をゆすげば危険性はない。正しい知識を伝え、フッ素に対する偏見を無くしたい。この方法が広がれば、年をとっても歯が多く残り、笑顔いっぱいの生活が送れる」。そのためには全国どこへでも講演に駆けつけるつもりだ。【三上剛輝】

 ■人物略歴
 ◇いそざき・あつのり
 朝日大学歯学部教授。現在、県8020調査専門部会の会長を務め、「フッ素で健康づくり」(砂書房)など著書多数。長男(21)と長女(16)は虫歯ゼロだという。趣味は釣りで「暇があれば海や川に出かける」。最近も全長45センチのヒラメを釣り上げた。瑞穂市在住。59歳。

                                                                  毎日新聞 1月17日(月)10時45分配信 

残っている歯の数と医療費

残存歯数と医療費

 兵庫県で行われた平成16年5月の70歳以上を対象とした調査で残存歯数が増加すると医科の診療費は少なくなることが報告されました。歯が20本以上残っているグループは、0〜4本のグループより月額で8,728円少なくなっています。
 すなわち、残っている歯の数が多ければ多いほど、健康であるということが、実証されたわけです。

兵庫県歯科医師会,兵庫県国民健康保険団体連合会発刊
「8020運動」実績調査の報告について(平成17年6月)より

 

8020達成者と非達成者の医療費

8020
 福島県で平成8年度に8020達成者(80歳以上で20本以上の歯を有する者)と非達成者の医療費の調査が行われ、8020達成者は非達成者と比較し、月当たりの医療費(医科+歯科+調剤)が、11,583円低い結果となりました。その後の他県での調査でも医科診療費のみで4,500円から7,000円程度低いことが報告されています。

茨城県:茨城県歯科医師会発刊
  茨城県における歯の保有本数と医療費の関連に関する調査報告書(平成19年3月)より
山梨県:山梨県,山梨県歯科医師会発刊
  高齢者における歯の健康と医療費に関する実態報告書(平成19年3月)より
兵庫県:兵庫県歯科医師会,兵庫県国民健康保険団体連合会発刊
  「8020運動」実績調査の報告について(平成17年6月)より
香川県:老人医療適正化に関する検討委員会,香川県歯科医師会,香川県国民健康保険団体 
  連合会発刊
  高齢者における歯の健康と医療費に関する実態調査報告書(平成17年7月)より


歯科医療の役割

 最近では、歯と口の健康づくりは、全身の健康を保つことの基本であることは、広く認識されてきました。また、数多くの科学的な研究や統計的な調査によって、それは裏付けられています。
 美味しく食べて、地域に根ざした食文化を楽しみ、周りの人々と楽しく話すことは、人生の喜びそのものであり、生き甲斐であり、命の源であります。
 その命を支え、生活を支えるのが、歯科医療の役割なのです。
 近代医学は、技術の開発も、薬の開発も含めて、命を助けることに一番大きな目的がありました。それは大変大きな成果を上げたし、大事なことです。
 しかし、次に人間にとって大事になるのは、命をもってどう生きるか、つまり、どう生活するのかということです。
 だから、命を助ける、あるいは命を守る医療が一方にあるとすれば、その横に生活を守る医療がなければいけないのです。
 歯科はそういう意味で、食べることを通して、人が生きる力の支えになる医療、生活の医療と考えて、私たち歯科医療に従事する者は、その役目をきちんと果たしていかなければならないのです。
 「食べる」「話す」ことの大前提となる「歯と口の健康」を守る歯科医療こそは、生活に結びつく医療であり、人間の尊厳を守る医療です。私たち歯科医師は、この役割を常に胸に刻みながら、命を支える医療に邁進しなければならないと思います。
 肉親を看取ると言うことは、家族にとって、とても辛く悲しいものです。それが、いかに大往生と言われる長寿を全うしたとしてもです。特に、長期間の寝たきりや、意識のない状態での別れは、さらに辛く悔しいものです。
 一方で、「きょう、あなたが作ってくれた、おそばは、とても美味しかったね。」と、言い残して亡くなっていく肉親を看取ることができれば、遺された家族も、どれだけ救われることでしょうか。
 歯科医療は、その人が「いかに生きるか」を支える医療であると同時に、「いかに死ぬか」をも支える医療である、私たちは、そう考えています。 

食と文化

 私はいつもこう思うんです。野生の動物が歯を失って食べられなくなったら、即、死を意味します。ところが、人間は歯を失っても、やわらかく調理をすることで食べられます。
 さらに歯科医学が発達すると、人工臓器としての義歯ができます。
 したがって,人間は野生の動物と違って、文化とか文明と食が密接に結びついています。
 ということは、逆に食が乱れるということは、文化とか文明の乱れが食に出ていると考えていいわけです。

                           日本歯科医師会会長 大久保 満夫
 


口腔ケア

 喉周りのがんの手術で、口腔ケアをしっかりやるのとやらないのを比べると、やったほうが手術の安全性が極めて高まることが明らかになりました。これはエビデンスがあります。60%以上の合併症率が20%以下に減ります。そこでまず非常に差がつきます。

                       静岡県立静岡がんセンター総長 山口 健
 

ファイティング・スピリット

 がんとの闘病生活では、病院という心を抑圧された環境の中で「食べる」ことが日常生活を取り戻す時間となり、病と闘うファイティングスピリットになります。
 栄養的にも、口から食べるほうが、点滴での栄養補給よりすぐれています。実際に患者さんを見ていると、普通に食べている方のほうがはるかに元気です。
 経静脈栄養(点滴)がどれだけ改良してきても、何かが違います。腸管が動く、神経が興奮する、脳が働くのだと思います。
 そういうことが、病を克服するときのファイティング・スピリットに役立ちます。

                        静岡県立静岡がんセンター総長 山口 健 


食べるということ


  生きることは食べ続けることである。

                                                                                                 鷲田 清一

鷲田 清一(わしだ きよかず、1949年9月2日 - )は、哲学者。専攻は臨床哲学・倫理学。国立大学法人大阪大学総長。京都府京都市出身。
 

歯科医療の一般的なイメージと、私の考える歯科医療

 従来の歯科医療の一般的なイメージは、痛くなったら、恐怖心とともに歯科医院の門をくぐり、あの、世にも恐ろしげな「キィーン」という音のする機械で、1本の歯を削り、その後に、かぶせて治療は終了。それが歯科医療の役割と思われがちでした。
 私たち歯科医師の側も、1本の歯に対する、むし歯の治療、すなわち、むし歯の除去、あるいは、その後の埋めたり、かぶせたりする処置に関する技術的な研鑽、習得にばかり目を向ける傾向がありました。
 ところが、医療には、救急救命医療も含めて命を救う医療がある一方で、その人の生活を支え、命を支える医療があります。
 命を救う医療の方が、格が上で、命を支える医療は、低く見られがちです。
 しかしながら、最近では、生活を支え、命を支える医療の大切さが見直されいます。
 高齢者医療を考えたときに、もはや医療は、「病気を治す、命を助ける」では、不十分であり、「安心した地域生活が送れるようにするための医療」であるべきです。
 歯科医療は、「どのような障害があってもあきらめないで、口から食べることを大切にすることで、人としての尊厳を守る」医療なのだと、私は考えています。 

抜歯原因の第1位は、歯周病!

抜歯のの原因
 これまでは、歯を抜かなければならない原因の第1位は、むし歯でした。ところが最近では、むし歯が減ってきた代わりに、歯周病が急激に増加し、歯周病が抜歯原因の第1位となりました。すなわち、歯を失う最大の原因は、歯周病というわけです。
 最近の科学的な研究から、その最後の看取りの時まで、自分の歯で噛んで、口から食べることこそが、元気の源であり、生き甲斐と尊厳を支えることが分かってきました。そのためにも、自分の歯を失わないことが重要であり、歯周病の予防と治療が、いかに大切であるかということが分かります


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:75 最後に更新した日:2012/06/28

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM